admin 30 8月, 2018 0

ワリキリ

センズリ鑑賞をさせた保育士にオナ指示を出す
私はワリキリで生活をしています。ずっと好きだった人からフラれ、なんか全てがどうでもよくなってしまったのです。恋愛はもういいや。なんて自暴自棄になっていました。そんな感じだったので仕事もいける状態ではありません。それでも、お金は必要なのでどうにかしなくてはと思っていました。そんな時です。掲示板でワリキリ募集の書き込みを見つけたのは。ワリキリという言葉の意味は知っていました。でも、実際に私が真剣にワリキリについて考えることになるとは思ってもいませんでした。私はその時、本気で連絡してみようかと考えたのです。衝動的なものかもしれないと思い、一旦、考えてみることにしました。翌日、私はまたその掲示板を訪れていました。考えてもワリキリの文字が頭から離れないので、とにかく相手の男性に連絡をしてみようと思ったのです。ギリギリまで迷っていましたが、思い切って連絡をしてみました。相手の男性からはその日のうちに連絡がきました。その日は仕事が忙しかったそうで夜遅くに連絡があったので翌日のお昼に会うことになりました。私は何も予定がなかったので、すぐにOKしました。その日は眠れませんでした。翌日、待ち合わせ場所に向かうと中年の男性がそこにはいました。私は、恐る恐る声をかけると相手の男性はすぐにわかってくれて、挨拶してくれました。私はこの男性とホテルに行くのか。と会った瞬間に思ったのを覚えています。嫌だなとか良かった。とかそんな思いではなく漠然とホテルに知らない男性と行くんだなという事実を受け入れた瞬間でした。私たちは会うとすぐにホテルに向かいました。男性は初めてではないようで私をホテルまで慣れた感じでリードしてくれました。ホテルにつくと、お金を先にもらい、シャワーを浴びることに。これが初めてのワリキリの経験です。
穂別いちご
ホ別苺